osamura osamura


ホーム

会社概要

環境への取組み

営業部門

企画設計部門

土木部門

建築部門

採用情報

艸風館

リンク集

お問合せ

ダウンロード


osamura osamura
osamura

〜豊富で多彩な実績をベースに
さらなる新境地へのチャレンジを続けます。〜


建築の世界にも急速に押し寄せてきているIT化の波。
それは、建築テクノロジーやシステムの革新を意味します。 しかし、ベテラン技術者の熟練の技も疎かにしてはなりません。
最新テクノロジーと鍛え抜かれたスキルの融合。
当セクションでは、その程良い調和を大切にしながら、 ベスト・ビルドに挑戦し続けています。


伝統と革新の街・京都に生まれ、京都で鍛えられました。
京都の街は、とても厳しい。ホンモノのみをよしとするこの街は、「ほどほどに」を決して許すことはありません。
当社は、京都に生まれて90有余年。この間を、一方で温かく、他方で厳しい目にさらされながら鍛えられてきました。
2000年の伝統をベースに、革新を繰り返してきた京都は、まさに建築業界のいまを、そして私たち建築セクションのあるべき姿を象徴しています。
つねにホンモノを・・・。京都の街が、京都企業に求めるコモンセンスを、私たちは確実に受け継いでいかなければ、と考えています。



小規模住宅から大規模施工まで、数々の実績が証明する施工力。
現在当社では、建築の完成工事高が、売上の60パーセント以上を占めています。
これまで、庁舎や学校・病院・福祉関連施設・陸上競技場・文化会館・市営住宅・・・などの公共建築。
そして民間では、金融機関新店舗から会社社屋・マンション・一般住宅・社寺・民芸資料館・・・などにいたるまで、幅広いジャンルにおいて数々の実績を残してきました。
当セクションの武器は、ハードおよびソフトの総合力。
積み重ねてきた社歴の中で培ったトータル・パワーをベースとして、「ていねいに、ていねいに、そしてていねいに」作業を進めていきます。こうして生まれる付加価値こそ、私たちが、多くのクライアントに認められ支持をいただく所以だと考えています。

大言壮語は似合わない。一歩一歩、着実に総合力の向上を目指しています。
自分たちの身の丈にあった言動。
決して大袈裟ではなく、かといってゆずらず、 ありのままをアピールする。
私たちに、大言壮語は似合いません。 とはいえ、現状に甘んじることは危険です。 前へ、前へ。さらなるパワーアップを目指して、 着実に進化していかなければならないのです。

徹底した安全管理。そのモラルの高さも、私たちのプライドのひとつです。
安全管理へ全精力を注ぐ。
安全管理は、事業を支える一方の柱。当社では、“本社安全衛生委員会”と“(株)長村組安全衛生協力会”が両輪となって、その徹底化を図っています。
この委員会および協力会では、定期的な安全パトロールや安全祈願祭、委員社外研修会、意見交換会など、積極的な活動を展開。
また、毎年11月には最大イベント・安全衛生大会を実施。つねに100名以上の参加が結集する中で、様々な表彰、講演をおこない、「安全への誓い」を再確認しています。


施工実績

公共施設 教育文化施設 医療福祉施設 集合住宅 その他


copyright(C)2002 OSAMURA.Co.,Ltd.
株式会社長村組
本      社:〒604-8461  京都市中京区西ノ京中保町64  TEL:075-463-4338(代) FAX:075-461-1338
大阪支店:〒550-0006  大阪市西区江之子島1丁目7番3号  奥内阿波座駅前ビル1208  TEL:06-6446-3820 FAX:06-6446-3821
中丹支店:〒623-0012  京都府綾部市川糸町丁畠4番地1  ワークスビル1C  TEL:0773-42-2829 FAX:0773-42-2832
E-mail:  info@osamura.co.jp